同僚と飲みに出かけた時に、ハッキリ言われてしまいました。
自分が利用してみた出会い系サイトは、いわば詐欺サイト。
出会いを探すことができない、悪質な出会い系サイトだと。
メールしたのは助けて欲しいと思っている、女の子ではなかったのです。
運営が雇ったアルバイトのサクラ。
事務的に、意味ありげなメールを送っていただけの相手。
それなのに、夢中になってのめり込んでメール交換をしてしまいました。
数万円も、それに費やしたことに、酷く落胆してしまいました。
「だいたいJKに手を出そうなんてて無謀過ぎる。犯罪行為だからな。相手が偽物で良かったのかもしれない」
そう言われ、立つ瀬がない気分でした。
「利用した神待ち掲示板も、確実に悪質出会い系の入口になっているダミーサイト。この手の手口は、ネット上では多くあるんだよ」
そんなこと、ちっとも知らなかったのです。
「ネットの出会いって簡単そうで、実は難しい。悪意のあるやつの方が多いから」
同僚は、細かく説明を始めてくれました。
例えばTwitter。
近年では裏垢女子というのがあり、エロ発言をしている女の子たちも多くいます。
エロ垢でハッシュタグをつけてホ別や円光とつぶやいているのは、素人の女の子ではないと言うこと。
多くが悪質な風俗業者の援デリ。
あとはギフト券詐欺師のようです。
無料の掲示板でも、同様のことが言えるようです。
家出掲示板などを利用しても、女の子の利用者を探すのはかなり難しいと言われました。
家出少女探しというのも、そんなに簡単なものではないことが分り、ますます落ち込んでしまいました。

 

 彼から、魅力のある情報も聞き出すことになっ
てきました。
騙しのないサイトが、ネット上にも存在をしている。
そういう場所は、出会いが欲しい女の子たちが集まってきているそうです。